Mac/Windows向け「Googleドライブ」アプリ、12月11日にサポート終了 2018年3月12日にシャットダウン予定

 

米Googleは現地時間9月7日(以下全て現地時間)、Mac/Windows版「Googleドライブ」アプリを2017年12月11日をもってサポート終了することを発表。今年7月に公開した「バックアップと同期(Backup and Sync)」への移行を進める。

Googleは9月26日に、法人向けサービス「G Suite」ユーザー向けに、「ドライブファイルストリーム(Drive File Stream)」を公開することを明かした。これに伴い、従来のMac/Windows版「Googleドライブ」アプリは2017年12月11日にサポート打ち切り、そして2018年3月12日にはシャットダウンする予定だという。

Googleが移行を進める新しいクラウドストレージ「バックアップと同期」は、これまでの「Googleドライブ」と「Googleフォトアップローダー」を統合したもの。同アプリをダウンロードすると、Mac/Windows上に専用のフォルダが作成され、フォルダ内に保存したデータは全てクラウド上で管理される仕組み。

また、G Sutieユーザー向けに提供される「ドライブファイルストリーム(Drive File Stream)」に関しては、「Googleドライブ」のファイルをクラウドからストリーミングできるため、ローカルにデータを置いておく必要がない。

また、特定のファイルをチームで共同管理できるなど「バックアップと同期」アプリ以上に利用できる機能が多い。「バックアップと同期」と「ドライブファイルストリーム」の併用も可能だが、複数のインスタンスが表示されるユーザーにとって使いづらくなる可能性があるため、Googleは「ドライブファイルストリーム(Drive File Stream)」の使用を推奨している。

冒頭でも触れたが、Mac/Windows版「Googleドライブ」アプリは12月11日にサポート外になる。また、来年の3月12日には完全に利用することができなくなるため、利用している方は是非早めに「バックアップと同期」アプリへの移行を済ませておきましょう。

[ via TechCrunch ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。