来週発表予定の「iPhone 8」、発売は10月後半になる可能性あり?

来週、Appleは新本社「Apple Park」内の「Steve Jobs Theater」で、次期iPhoneの「iPhone 8」と「iPhone 7s / 7s Plus」を発表する予定だ。

このうち、プレミアムモデルの「iPhone 8」に関しては、これまでは9月22日に発売される可能性が高いとされてきた。しかし、最近になって発売が10月にずれ込む可能性が指摘されていたが、今度は発売時期が10月後半であると指摘するアナリストが登場したとのこと。9to5Macが伝えている。

「iPhone 8」の発売は10月後半か

RosenblattのアナリストJun Zhang氏によると、今回開催されるイベントでは以前からの情報通り、3種類のiPhoneが発表される。

このうちの「iPhone 7s / 7s Plus」は、9月15日(金)に予約受付が開始され、その次の週の9月22日(金)に発売になるが、プレミアムモデルの「iPhone 8」の発売は10月後半になるとのこと。

「iPhone 8」の発売が遅れる理由は、まずは有機ELディスプレイの歩どまり率が低いこと。これは以前からも指摘があったことだが、さらに新情報として金属フレームの製造に関する何らかの問題が発生しているという。

今回の情報を伝えているJun Zhang氏に関しては、そこまで実績のあるアナリストでないため、情報の信ぴょう性については怪しいところではあるのだが、ここ最近になって「iPhone 8」の発売が遅れるという情報が多数上がっていることから、同氏の分析もあながち間違いであるとは言い切れない。もしかすると、「iPhone 8」を入手できるようになるのは、もう少し後になるのかもしれない。

▶︎ 「iPhone X」「iPhone 8 / 8 Plus」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。