Apple、「WWDC」アプリをバージョン6.0.2にアップデート HandoffでmacOSのSafariに動画のURL送信できるように

本日、AppleはiOSアプリ「WWDC」の最新アップデートとなるバージョン6.0.2の配信を開始している。

「WWDC」は、毎年6月に開催されているAppleのデベロッパー向けイベント「WWDC」の基調講演などの動画を視聴することができるアプリ。今回のアップデートではいくつかの不具合が修正されており、さらに新機能としてHandoff機能でmacOSのSafariに視聴中の動画のURLを送信することができるようになった。リリースノートを翻訳すると以下の通りだ。

  • 過去にダウンロードしたビデオがアップグレードで削除されてしまうバグを修正
  • 画質をSDとHDに変更しても過去にダウンロードしたビデオをキープするように
  • Handoff機能でmacOSのSafariに視聴中の動画のURLを送信することができるように
  • Apple TVのナビゲーションを改善

すでにアップデートの配信は行われているので、利用している方はApp Storeからアップデートするようにしよう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。