「iPhone X」のベゼル部分、どのカラーモデルもブラック仕様に:KGI証券レポート

来週火曜に発表が予定されている新型iPhoneの「iPhone X」。同端末はホームボタンが廃止される代わりにベゼルが極狭になり、ディスプレイが端末全体に広がることが予想されている。

しかし、端末の前面にはカメラやレシーバーなど多数のコンポーネントを配置する必要があるため、完全なベゼルレスデザインにすることはできない。よって、ディスプレイ上部には凹型の食い込みが配置されることになる。

そして、「iPhone X」には3種類のカラーラインナップが用意されるとされているが、本体カラーがホワイトだった場合、「iPhone X」のベゼルもホワイトになるなど端末カラーによってベゼルの色が異なることが予想されていたが、これは全て黒で統一されるようだ。

「iPhone X」は全カラーのベゼルが黒に

これを報告しているのは、Appleの情報に定評のあるKGI SecuritesのMing-Chi Kuo氏。彼によると、「iPhone X」のノッチ部分(凹型の食い込みのこと)には、フロントカメラ、環境光センサー、近接センサー、3Dセンサーなどの6つもコンポートネントが配置される予定。

ただ、やはり3Dセンサーに関しては部品数が不足しているとのこと。実際の出荷数に関する言及はないものの、先日から発売が遅れることが各所から報告されていることから、初期出荷数は少ないことが予想される。

また、Kuo氏は「iPhone X」のベゼルについて言及している。彼によると、「iPhone 8」のカラーラインナップはブラックとホワイト、そしてゴールド(ブラッシュゴールド?)の3種類だが、いずれもベゼルは黒仕様になっているとのこと。

先ほど、来週公開予定の「iOS 11 GM」から黒系の壁紙が複数枚見つかっていることから、やはりAppleは黒の表現が得意な有機ELディスプレイと黒ベゼルの組み合わせを重要視しているようだ。この特徴を使えば、ベゼルと画面の境界面を曖昧にすることができ、美しい端末デザインになることだろう。

▶︎ 「iPhone X」「iPhone 8 / 8 Plus」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
※次期iPhoneのプレミアムモデルの名称が「iPhone X」でほぼ確定したので、タイトル・内容全ての名称を「iPhone X」に変更しています。詳細はこちらから。

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。