「iPhone X」、キーボードの配列やステータスバーの表示方法が従来と異なることが判明

本日、9to5Macは「iOS 11 GM」を入手しており、そこから判明した様々な新情報を次々と公開している。

その中にはLTEに対応した新型「Apple Watch」の外観「iPhone X」の仕様など様々なことが判明しているが、さらに「iPhone X」のキーボード配列やステータスバーの表示方法が従来から変更になることが発見された。

キーボード配列の一部が変更 地球儀マークや絵文字マークが最下段に

「iPhone X」のキーボード配列に関しては、デベロッパーのSteven Troughton-Smith(@stroughtonsmith)氏がスクリーンショットを公開しており、以下のような表示になるとのこと。

従来までは文字入力の切り替えを行う地球儀マークや絵文字マーク、音声入力ボタンがキーボードの4段目に組み込まれる形になっていたが、「iPhone X」では画面が大きくなったことで、これらのボタンが新たに5段目に配置されることに。そのため、これまでよりも数字入力への切り替えやスペースボタン、return(改行)ボタンが大きくなり、押しやすくなった印象だ。

ステータスバーは左側に時計だけが表示、その他は全て右側に

ステータスバーに関しては、先ほどのSteven Troughton-Smith氏とGuilherme Rambo(@_inside)氏が画像を公開。

「iPhone X」にはディスプレイ上部にフロントカメラや各種センサーが配置される「ノッチ」と呼ばれる凹型の食い込みがあるのだが、この部分の左側には時計だけが表示され、LTEとWi-Fiの電波状況を示すマークやバッテリー残量は全て右側に表示されることになる。機内モードにした際の飛行機マークも右側に表示されることになるようだ。

ただし、これらを見る限り、右側にはアイコンを表示する余裕があまりないため、バッテリー残量表示を「%表示」することはできなくなるのかも。もしくはニンテンドースイッチのように、バッテリー残量のアイコンをタップすることで、一時的に表示されるような仕組みになっているのかもしれない。

さらに、Lightningケーブルを使って充電を開始した場合、充電中を表す稲妻のマークが右側から割り込むようにして一度表示されることも確認できたとのこと。こちらについては動画も公開されている。

また、iPhoneでの通話中にはステータスバーのカラーが変化するようになっているが、「iPhone X」ではこれまでと違って全体が変化するのではなく、時計の背景色が赤や緑に変化するだけに留まるようだ。

「iOS 11 GM」のおかげで、一気に大量の情報が判明した「iPhone X」。やはりこれまでの噂通りの端末になっていることがほぼ確実となったわけだが、発表前にさらなる詳細が明らかになる可能性は十分にある。「iPhone X」を購入予定の方は今後の情報に注意しておこう。

※次期iPhoneのプレミアムモデルの名称が「iPhone X」でほぼ確定したので、タイトル・内容全ての名称を「iPhone X」に変更しています。詳細はこちらから。

▶︎ 「iPhone X」「iPhone 8 / 8 Plus」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。