「iPhone X」の1日の生産台数は1万台以下 ゴールドモデルの発売は遅れる可能性も【KGIレポート】

ついに明日、Appleは新型iPhoneの「iPhone X」「iPhone 8 / 8 Plus」を発表する予定だが、このイベントに先立ち、KGI証券のMing-Chi Kuo氏が「iPhone X」の生産状況に関するレポートを更新している。

「iPhone X」は多数のメディアから品不足になるという情報が相次いでいるが、やはりKuo氏もその可能性を指摘。レポートによると、「iPhone X」の生産台数は1日1万台以下であるとのこと。

この生産台数では世界中の供給を満たすまでかなりの時間が必要になるため、やはり「iPhone X」はしばらくは入手できないと考えておいた方が良いかもしれない。

また、これまでの情報では、「iPhone X」のカラーラインナップはブラック・ホワイト・ゴールドの3色になるものとみられているが、ゴールドモデル(ブラッシュゴールドとも呼ばれている)は生産上の問題に直面しているため、他の色に比べると発売日が遅れる可能性もあるとKuo氏は指摘している。

Kuo氏のレポートはかなり精度が高いため、やはり「iPhone X」が深刻な品不足に陥る可能性は高そうだ。また、ゴールドモデルの発売が他のカラーよりも遅れるという新情報も登場しており、もしゴールドモデルの購入を考えている人はある程度覚悟しておく必要がありそうだ。

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。