「Steve Jobs Theater」の内部や周辺を撮影した写真や動画が公開

本日、Appleは新製品発表イベント「Let’s meet at our place.」を開催するが、今回のイベントの開催場所は米カリフォルニアの新本社「Apple Park」に併設された「Steve Jobs Theater」。

開催まで数十分を切っている状況だが、すでにメディア関係者が現地入りしており、Twitterなどに同施設を撮影した写真を多数投稿している。

9to5Macも多数の写真や動画を投稿している。公開されているのは、「Steve Jobs Theater」周辺を撮影したものだ。

「Apple Park」の周りには緊急車両の出入り口も用意されており、万が一への備えは万全。ちなみに、敷地内はドローンの操縦は禁止されているようだ。

「Steve Jobs Theater」のエントランスは広いホールになっていて、頭上には宇宙船のような円盤が宙に浮かぶ天井になっている。

中には、回転式のエレベーターが設置。メディア関係者の多くは階段を使って上り下りしているようだが、体の不自由な方などはこのエレベータを使うことになるようだ。

こちらが、「Steve Jobs Theater」の内部。1,000人を収容できるとのことだが、まるで大学の講堂のような雰囲気。

同イベントはまもなく開催され、「iPhone X」や「iPhone 8」などの多数の新製品が発表される予定。ライブ配信も予定されているので、興味のあるかたはぜひ視聴していただきたい。

▶︎ 「iPhone X」「iPhone 8 / 8 Plus」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。