Apple、「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」を正式発表 ワイヤレス充電対応、「A11 Bionic」プロセッサを搭載

現地時間9月12日、Appleは新製品発表イベント「Let’s meet at our place.」を開催。同イベントで「Apple Watch Series 3」や「Apple TV 4K」など複数の新製品を発表しているが、同時に新型iPhoneの「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」を発表している。

「iPhone 8」と「iPhone 8」は、それぞれ昨年発売した「iPhone 7」シリーズのアップグレードモデル。「iPhone 8」は4.7インチディスプレイを搭載し、「iPhone 8 Plus」は5.5インチディスプレイを搭載。どちらも周囲の明るいさに応じて画面の色合いを調節してくれる「True Tone」ディスプレイを採用した。

「iPhone 8」には単眼レンズカメラが搭載され、「iPhone 8 Plus」にはデュアルレンズカメラが搭載される。

カメラの画素数は「iPhone 7」シリーズと変わらずの1,200万画素だが、ただしカメラセンサーが新しくなったことで今までよりも綺麗な写真を撮影することが可能だ。動画撮影は、4K/60fpsと1080p/240fpsの撮影に対応する。

本体のデザインは、ほぼ「iPhone 7」シリーズを引き継ぐが、背面には強化金属パネルとガラスが使用されるなど若干の変更がある。

両端末に搭載されたプロセッサは、6コア(2つの高性能コアと4つの高効率)の「A11 Bionic」プロセッサ。従来の「A10」プロセッサに比べて、それぞれの処理能力は高性能コアが25%、高効率コアは70%高速化されている。また、グラフィック性能も従来プロセッサに比べて30%高速化されており、消費電力も50%以下になったとのこと。

そのほか、新たに「Bluetooth 5.0」に対応し、ワイヤレス充電にも対応する。「Qi」規格に対応したワイヤレス充電器を使用すれば純正充電器でなくでも充電することができるようだ。

カラーラインナップは、シルバーとゴールド、スペースグレイ。ストレージ容量は64GBと256GBの2種類。予約受付開始は9月15日、発売は9月22日。

価格は「iPhone 8」が699ドルから、「iPhone 8 Plus」は799ドルから。日本では「iPhone 8」の64GBモデルが78,800円、256GBモデルは95,800円。そして「iPhone 8 Plus」は64GBモデルが89,800円、256GBモデルが106,800円となっている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。