KDDI、iPhone向けに「auピタットプラン」と「auフラットプラン」を9月22日から提供へ 「iPhone 8」や「iPhone X」でも利用可能

本日、KDDIは都内で新サービス発表イベントを開催し、新型iPhone向けの新プランについて発表を行った。

発表によると、今年7月にサービスを開始した「auピタットプラン」にiPhoneの新規契約・機種変更時にも利用できるように変更を行う予定であるとのこと。

この「auピタットプラン」は主にAndroid向けに提供されていたサービスで、利用するデータ量に合わせて、段階的に利用料金が上がっていくプラン。使った分だけ、ピタッと利用料金が決まることから、無駄のない支払いを可能にするプランだ。

今月22日から、同プランがiPhoneでも利用可能になる。また、12月31日までに同プランに新規契約または機種変更で申し込むと、「ビッグニュースキャンペーン」が適用され、月額1,000円が1年間だけ割り引かれる。これによって。最新のiPhoneでも最安月々1,980円(スマートバリュー込み)から利用することが可能だ。

さらに、今年7月に「auピタットプラン」と同時に発表された定額型プラン「auフラットプラン」も、iPhoneで利用することが可能に。上記の「ビッグニュースキャンペーン」などの各種割引を適用させることで、20GBのデータ通信を月々4,500円から利用することが可能だ。こちらも9月22日から利用可能となる。

またKDDIは、48カ月の分割払いを選択することで、25カ月目以降の機種変更時において、分割支払金の最大半額が支払い不要となる「アップグレードプログラムEX」の対象機種にiPhoneを追加する。

さらに、毎年最新のiPhoneへの機種変更ができるように、24回払いでの端末購入を条件に、13カ月目以降の機種変更時において、端末代金の未払い分のお支払いが不要となる「アップグレードプログラムEX(a)」を提供するとのこと。ただし、「アップグレードプログラムEX(a)」に関しては「iPhone 8 / 8 Plus」だけが対象で、「iPhone X」に関しては現時点では対象に含まれていない。

今回の発表についてはニュースリリースが公開されているので、詳細はこちらから確認していただきたい。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。