【TIPS】「iOS 11」で「片手キーボード」が利用可能に(使い方解説)

片手でiPhoneの文字入力したいユーザーにとって待望の新機能「片手キーボード」が「iOS 11」で導入された。

本日、Appleは「iOS 11」を一般ユーザー向けに配信開始しているが、同OSを利用すれば片手が塞がっていてもメッセージが打てるようになる。

この「片手キーボード」の使い方はとても簡単。メモアプリやメッセージアプリなどでキーボードを表示させた状態で、キーボード左下あたりにある地球アイコンを長押しすると、キーボードを寄せるアイコンが出現。画面左もしくは右に標準キーボードを寄せることができる。

この機能を使えば、大きな画面を持つ「Plus」モデルでも片手でメッセージを打つことができるだろう。電車の中でつり革に掴まっている時などに役立つのではないだろうか。

ちなみに、この「片手キーボード」は日本語、英語問わず利用できる。ただし、iPhoneを横向きにした時には使えないのでその点は注意していただければと思う。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。