「iOS 11」、リリース後24時間のインストール率は約10%

日本時間9月20日、Appleは最新OSの「iOS 11」を一般ユーザー向けにリリース。iPhoneやiPadにインストールすることが可能だ。

「iOS  11」は、リリースから24時間が経過したわけだが、果たしてどれほどのユーザーがダウンロードしたのか。Appleはこのデータを公開していないため正確な数字は不明だが、分析会社Mixpanelが収集したデータによると、「iOS 11」のインストール率は全体の10%程度になっていることが明らかになっている。

ちなみに、昨年リリースされた「iOS 10」のリリース後24時間のインストール率は約14.45%、その前年にリリースされた「iOS 9」は12.60%だったため、今回の「iOS 11」はここ数年のOSの中でも、少しだけ鈍い普及ペースになっているようだ。

なぜ、「iOS 11」がここ数年のOSの中で最も少ない普及ペースなのか、その理由は明らかになっていない。もしかしたら、32bitアプリが動作しなくなるなど、ユーザーがインストールをためらう要因があるからかもしれない。

ちなみに、「iOS 11」は以下の端末でインストールすることが可能。

「iOS 11」対応機種
iPhone iPad iPod touch

iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone SE
iPhone 5s

iPad Pro (12.9 inch, 第1世代)
iPad Pro (12.9 inch, 第2世代)
iPad Pro (10.5 inch)
iPad Pro (9.7 inch)
iPad Air 2
iPad Air
iPad (第5世代)
iPad mini 4
iPad mini 3
iPad mini 2

iPod touch (第6世代)

iOSのアップデートは、「設定」アプリの[一般]>[ソフトウェアアップデート]から。もしくはPCやMacと接続しiTunes経由で行うことが可能だ。事前のバックアップをお忘れなく。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。