Google、台湾HTCのスマホ事業の一部を11億ドルで買収

[ img via Kārlis Dambrāns ]

Googleは21日、台湾のスマートフォンメーカーHTCの事業の一部を買収したことを発表した。買収額は11億ドル、日本円で約1,100億円だ。

Googleが買収した事業は、HTCの中のスマートフォン事業の一部。具体的にはGoogleのスマートフォン「Pixel」の開発チームだけで、HTCの全てのスマホ事業が買収されたわけではない。もちろん、今後もHTCからスマホが登場する。

これまでGoogleは「Nexus One」や「Nexus 9」など複数のスマートフォンの開発をHTCと協業して行ってきたが、昨年発売した「Pixel」シリーズでGoogleはハードウェア開発にも乗り出していた。今回の買収でスマートフォン開発チームを手にいれることに成功したことで、自社でのハードウェア開発を加速することができる。

また、Googleは開発チームの買収だけでなく、HTCの持つ知的財産に関する非独占的ライセンスも取得したとのこと。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。