Apple、「iPhone下取りプログラム」の下取り対象に「iPhone 7」シリーズを追加 旧機種は全機種が値下げ

本日、Apple StoreやApple公式サイトで行われている「iPhone下取りプログラム」の下取り対象と価格が変更になっている。

本日の変更では「iPhone 8」シリーズの発売に伴い、新たに「iPhone 7」シリーズが下取り対象に。それぞれの下取り価格は「iPhone 7」が最大33,000円、「iPhone 7 Plus」が最大40,000円となっている。

また、「iPhone 7」シリーズ以外の旧機種は一律値下げとなり、最大で8,000円ほど値下げされている機種も。現在の下取り価格の一覧は以下の表の通りだ。

モデル 新買取価格 (9/22) 旧買取価格 (8/11)
iPhone 5 / 5c 最大3,000円 最大3,700円
iPhone 5s 最大5,000円 最大7,000円
iPhone SE 最大11,500円 最大14,000円
iPhone 6 最大10,000円 最大13,000円
iPhone 6 Plus 最大13,000円 最大17,500円
iPhone 6s 最大17,000円 最大23,500円
iPhone 6s Plus 最大22,000円 最大30,000円
iPhone 7 最大33,000円
iPhone 7 Plus 最大40,000円
他社製スマートフォン 2,000円〜10,000円 Apple Store:7,000円〜15,000円
オンライン:2,000円〜10,000円
ケータイ (フィーチャーフォン) 1,000円 6,000円

「iPhone 下取りキャンペーン」は、新しいiPhoneを購入する際に旧モデルを下取りに出すことで、その分安く新しい「iPhone」を購入することができるというサービス。Apple Storeなどの店頭やApple公式サイトで利用出来るものになる。

今回のように、定期的に買取金額の値下げが発表されているので、買い換えるなら早い方がお得だ。近々乗り換えを考えているようだったら、以下からどうぞ。

▶︎ 「iPhone X」「iPhone 8 / 8 Plus」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via iをありがとう ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。