「iOS 11」のコントロールセンターではWi-FiやBluetoothを完全にオフにできないことが判明

先日、Appleは新iOSの「iOS 11」を一般ユーザー向けにリリース。100を超える新機能・変更点がある中、大きな変更点の1つに「コントロールセンター」の刷新がある。

「iOS 11」のコントロールセンターは、画面下部からスワイプアップすることで表示されることに変わりはないのだが、デザインは大幅に変更。また、アイコンの配置を自由にカスタマイズできるようにもなり、従来よりも使いやすく改良されている。

ただし、今回の「iOS 11」のコントロールセンターでは、見た目だけではなく、一部の機能コントロールにも変更が加えられているようだ。GIZMODEが伝えている。

「iOS 11」のコントロールセンターではWi-FiやBluetoothを完全にオフにすることができない

GIZMODEによると、「iOS 11」のコントロールセンターではWi-FiやBluetoothをオフにした際の動作が従来から変更になっているとのこと。これまではコントロールセンターでWi-Fiをオフにすると、接続されていたネットワークから切断。Bluetoothに関しても同様で、接続済みの全デバイスとの接続が切断されるようになっていた。

しかし、「iOS 11」からはコントロールセンターでWi-FiやBluetoothをオフにした場合、アクセサリとの接続を解除するだけで、機能を完全にオフにしているわけではない

これについてはApple公式サイトのサポートページにも記載されており、コントロールセンターでWi-FiやBluetoothをオフにしても、AirDrop・AirPlay・Apple Pencil・Apple Watch・連係機能 (Handoff、Instant Hotspotなど)・位置情報サービスなどの機能は引き続き使うことができると案内されている。

つまり、Wi-FiやBluetoothの機能を完全にオフにしたい場合は、コントロールセンターからはできず、「設定」アプリから直接Wi-FiやBluetoothの機能をオフにするしかないようだ。

これならAppleデバイス以外のBluetooth接続を一気に切断したい場合には便利かもしれないが、Wi-FiやBluetoothの電波は出続けるため、完全にオフにしたい場合には気をつけなければならない。

また、AppleはサポートページでWi-FiとBluetoothを基本的にはオンにしておくことを推奨しているものの、Bluetoothがオンの状態のままだと、脆弱性をついて勝手にiPhoneを操作する「BlueBorne」のような攻撃に対して、無防備にiPhoneを晒してしまうことになる。これに関して、気になる方は「設定」アプリからの操作をする必要があることに注意が必要だ。

ちなみに、GIZMODEはApple純正ワイヤレスイヤホンの「AirPods」を接続した状態でコントロールセンターからBluetoothをオフにした場合、接続が切れてしまったとも伝えている。サポートページにも「AirPods」の記載はないことから、これについては仕様であるものと予想される。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。