「Apple Watch Series 3」、MFi認証なしのサードパーティ製ワイヤレス充電機でも充電できるケースも

本日、Appleは新型Apple Watchの「Apple Watch Series 3」を発売。すでに多くのユーザーの手元に同デバイスが届いていることと思うが、Appleは今回の「Apple Watch Series 3」と同時に新型iPhoneを発表しており、これらの端末は全てワイヤレス充電をサポートすることが発表されている。

ご存知の通り、Apple Watchシリーズも初代からワイヤレス充電に対応している。となると、「iPhoneと同じワイヤレス充電器でApple Watchも充電できるのではないか」という疑問が湧くはず。これについて、Macお宝鑑定団Blogが、発売したばかりの「Apple Watch Series 3」で検証している。

まず結論から言うと、「Apple Watch Series 3」は”充電できることがある”Macお宝鑑定団Blogによれば、「条件が揃えばMFi無しQi充電器でも充電可能」であるとのこと。

Apple Watchシリーズはこれまで、MFiライセンスを取得したApple Watch磁気充電アクセサリー以外で充電することはできなかった。しかし、Qi充電器またはQi充電バッテリーで、マルチコイル仕様の場合にのみ、「Apple Watch Series 3」が充電出来るとのこと。

ただし、mophie wireless charging baseBelkin Boost Up Wireless Charging PadなどのQi対応ワイヤレス充電器では充電することができなかったと報告している。また、一部のワイヤレス充電機では数回に一回程度しか充電表示がされないなど、不安定になることもあったという。

なぜ、MFiライセンスを取得していないワイヤレス充電機で充電できたのかは不明だが、つまるところ「Apple Watch Series 3」を充電できるかどうかは、その充電器によりけりということになる。「iPhone 8 / 8 Plus」「iPhone X」がワイヤレス充電できるからといって、必ずしも同じ充電器で「Apple Watch Series 3」が充電できるわけではないようだ。

今後、両端末を充電できるワイヤレス充電機がサードパーティから登場するかもしれないが、もし確実に両方の端末をひとつのワイヤレス充電機で充電したいなら、Appleが来年に発売する「AirPower」を購入する計画を立ててみてはどうだろうか。まだ価格や具体的な発売日は発表されていないが、Apple公式サイトには「まもなく登場」と記載されていることから、おそらく近いうちに詳細が判明するものと予想される。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。