恒例の「iPhone 8」の強度テストが公開 カッターでは全く傷がつかず、本体がガラス製になったおかげで折り曲げにも強い

本日、満を持して新型iPhoneの「iPhone 8 / 8 Plus」が発売された。

新しいiPhoneが発売すると、本体に傷をつけたり、折り曲げたりする強度テストが必ずと言ってもいいほど行われているが、早速「iPhone 8」の強度テストを実施したユーザーが登場している。

「iPhone 8」はカッターで傷が付くことはなし 折り曲げにも強い

強度テストを実施したのは、これまでにも多数の強度テストを実施してきたYouTuberのJerryRigEverything氏。彼は「iPhone 8」を尖ったもので引っ掻いたり、ライターで炙ったり、折り曲げるテストを実施している。

まず、カッターやコインなどで「iPhone 8」を引っ掻いた際にどの程度の傷が付くのかの検証を行ったが、結果としてカッターやコイン程度ではどの部分にも全く傷がつかないことが判明。

そこで「モース硬度(鉱物に対する硬さの尺度を10段階で表したもの)」のどのレベルまで耐えられるかを検証したところ、レベル6でやっと傷がついている。これは旧機種の「iPhone 7」や他のフラッグシップスマホと同じレベルであるとのこと。

また、引っ掻きテストの次は、画面をライターの火で炙るテストを実施。火を近づけると、画面に黒い焦げ目が発生するが、少し経つと画面は元どおりに。その後は全く問題なく使えているようだったので、耐熱性はそこそこあるものと思われる。

そして、最後のテストは「iPhone 8」を真ん中から折り曲げるベンドテスト。本体がガラス製になったことで耐久性に不安を感じていた人もいたかもしれないが、折り曲げようとすると男性の力でもビクともしないほどの耐久性であることが判明した。

以上、3つのテストの結果をまとめると、「iPhone 8」の耐久性はそれなり。多少火で炙ったり、強い力が加わったとしても、ある程度までなら耐えることができるのかもしれない。ただし、必ずしも同じ結果になるとは限らないので、間違っても遊び半分で「iPhone 8」を傷つけたり、火で炙ったりするのはやめておこう。

JerryRigEverything氏のテストは以下から視聴することができるので、気になる方はぜひ視聴していただければと思う。

▶︎ iPhone 8 / 8 Plusの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。