「macOS High Sierra 10.13」が一般ユーザー向けに正式リリース 新ファイルシステム「APFS」が導入

今月20日、Appleは一般ユーザー向けに「iOS 11」「watchOS 4」「tvOS 11」の正式版をリリースしているが、日本時間9月26日にmacOSの最新版「macOS High Sierra 10.13(17A365)」をリリース。対象端末であれば、すでにインストールをすることが可能だ。

「macOS High Sierra」は、今年6月に開発者向けに開催された「WWDDC 2017」で、多数の新機能の搭載や変更点の導入が発表されている。特に、新ファイルシステム「APFS」の導入など大きな変更もあることが明らかにされており、アップデートの際には必ずバックアップを取るべきだろう。

「macOS High Sierra 10.13」は、以下の端末でインストール可能。自分の端末が対応するかどうか分からない場合は、画面左上のリンゴマークから、「このMacについて」を選択すると確認できる。

  「macOS High Sierra」対応機種
MacBook Late 2009 以降
iMac Late 2009 以降
MacBook Air Mid 2010 以降
MacBook Pro Late 2010 以降
Mac Mini Mid 2010 以降
Mac Pro Mid 2010 以降

また、昨年リリースされた「macOS Sierra 10.12」とシステム要件は同じになっているため、同OSをインストールしている方は全員が利用することができる。アップデートは、Mac App Storeからどうぞ。

リリースノートは以下の通り。

システムの中核にある新しいテクノロジーが、あなたのMacの信頼性、能力、反応の良さを引き上げ、次にやってくるイノベーションの基盤を築きます。それだけではありません。あなたが毎日使う機能やアプリケーションもさらに磨き上げます。macOS High Sierraは、これまでで最も高いレベルに到達したmacOSです。

写真アプリケーション。写真の整理、編集、表示を簡単に。

  • 新しい「ループ」や「バウンス」のエフェクトを使って、あなたが撮ったLive Photosからショートビデオを作れます。
  • 新しいサイドバーを使えば、あなたのコンテンツを簡単に探したり整理できます。
  • 新しい「カーブ」や「カラーごとの調整」のツールを使って、あなたの写真のカラーやコントラストを微調整できます。
  • ペット、結婚式、アウトドアといった「メモリー」の新しいテーマを使って、あなたのライブラリにある画像を再発見できます。
  • 他社製の新しいプロジェクト機能拡張を使えば、写真プリント製品などを制作できます。

Safari。より快適なウェブ体験を。

  • 音声付きのウェブビデオが自動再生されるのを防ぎます。
  • 賢い追跡防止機能で、ウェブサイトや広告ネットワークがあなたのネットサーフィンの履歴を追跡するのを防ぎます。
  • リーダー、ページの拡大/縮小、コンテンツブロッカーなど、新しく加わったウェブサイトごとの設定を使って、あなたのウェブ体験をカスタマイズできます。

より洗練されたメールアプリケーション。

  • トップヒットを使えば、あなたが入力した検索ワードに最も関連するEメールをすばやく見つけられます。
  • Split Viewを使えば、フルスクリーンで新しいEメールを作成できます。
  • Eメールを圧縮してMac上のスペースを節約できます。

Spotlight。フライト情報を確認できます。

  • Spotlightの検索フィールドに航空会社名と便名を入力すると、フライトの状況をチェックできます。

メモアプリケーション。頭の中を整理しよう。

  • 自由にカスタマイズできる表を使って情報を整理できます。
  • よく使うメモをピンで貼りつけて、常にリストの一番上に表示しておくことができます。

Siri。より自然な話し方で、音楽を提案します。

  • より変化のあるイントネーション、抑揚、テンポで、Siriがあなたの問いかけに答えます。
  • Apple Musicを楽しむ時に、Siriがあなたの好みに合わせて音楽を提案します。

iCloud。家族のデータを安全に保存できます。

  • 一つのiCloudのストレージプランを家族で共有して、みんなのデータをバックアップしたり安全に保存することができます。

新しいApple File System。あなたのMacの性能、信頼性、安全性をアップグレード。

  • オールフラッシュのMacのために設計された、新しいファイルシステムアーキテクチャにアップデートできます。
  • ファイルを複製する、フォルダの中身のサイズを調べる、といった一般的なタスクを処理する時の反応が一段と良くなります。
  • 内蔵されたネイティブの暗号化機能がMacのドライブ全体を保護するので、安全性がさらに向上します。

HEVC。4Kビデオの新しいスタンダードにステップアップ。

  • 画質を損なわずに最大40パーセントも容量を節約できるHigh Efficiency Video Coding(HEVC)を使って、高解像度のビデオを作ったり観ることができます。

Metal 2。次世代のグラフィックスと演算能力を。

  • 改良された新しいバージョンのMetalで、あなたのMacのグラフィックス性能を最大限に引き出します。
  • バーチャルリアリティをサポートしているので、コンテンツ制作に臨場感をもたらすツールが見つかります。

地域や言語によっては一部の機能を利用できない場合があります。一部の機能にはiCloudのストレージプランが必要です。一部の機能には追加のハードウェア条件が適用されます。Apple File Systemにはオールフラッシュの内部ストレージが必要です。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。