Siriの検索エンジンがBingからGoogle検索に変更 MacのSpotlightも同様

siri

米国時間25日、Appleは突如としてSiriのデフォルト検索エンジンを、BingからGoogle検索に変更した。iOS内の検索機能(旧Spotlight)や、MacのSpotlight機能のウェブ検索についても、MicrosoftのBingからGoogle検索に置き換わっているようだ。

これを伝えているのは、TechCrunch。Siriに何かを尋ねたとき、これまではBingの検索結果を基に情報を表示していたのだが、今後はGoogle検索の結果が反映されることになる。

SiriやSpotlightのWeb検索が全てGoogle検索に変更

ご存知の方も多いと思うが、Siriは2013年までGoogle検索をデフォルトの検索エンジンに採用していた。

しかし、Appleは2013年に、Siriの検索エンジンをGoogle検索からBingに乗り換えている。この理由は明らかになっていないが、当時はGoogleへの依存度を下げるためではないかと予想されていた。

[ img via Anthony Ryan ]

この変更は今日から実施され、全てのユーザーに適用される予定。ちなみに、TechCrunchによると、Appleは今回の変更を行った理由は、通常の検索とSiriの検索結果に一貫性を持たせるためだったとのこと(Safariなどの検索エンジンはデフォルトがGoogle検索)。

筆者の環境でも、すでにBingからGoogle検索に変更されていたので試用してみたのだが、検索結果はBingの時からほぼ変わらなかったため、一般ユーザー目線ではそこまで大きな影響はなさそうだ。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。