Bose、完全ワイヤレスイヤホン「SoundSport Free」を国内でも発売 発売は11月17日、予約受付は本日から

先日、Boseは完全ワイヤレスイヤホン「SoundSport Free」を発表していたが、同イヤホンは日本国内でも発売することがわかった。

発売日は早いモデルで11月17日、国内価格は29,160円(税込)。すでに予約受付が開始されている。

今回発表された新型ワイヤレスイヤホンの「SoundSport Free」は、Appleの「AirPods」のように、左右が独立した完全分離型イヤホン。新開発のアンテナを搭載したことで、左右のBluetoothの安定性を向上。さらに、DSP技術を搭載し、最適な音質を提供する。

重さは片耳で約0.35オンス(約10グラム)。バッテリー駆動時間は最大5時間だが、10時間分のバッテリー容量を搭載した充電ケースが付属するため、適宜充電することで最大15時間使用することができる計算だ。

さらに紛失した時も安心。スマホアプリ「Bose Connect App」を利用すれば、最後に接続できていた場所の位置を表示する機能「Find My Buds」を搭載しており、紛失した時間も確認することができる。

スポーツ利用も考慮して、防水性能もIPX4。さらに、装着感にこだわっており、StayHear+チップが採用されている。

カラーラインナップは「トリプルブラック」と「ミッドナイトブルー/イエローシトロン」の2種類が用意されており、「トリプルブラック」は11月17日、「ミッドナイトブルー」は12月1日に発売予定。

予約はBose公式サイト、もしくはAmazonから可能。Amazonから予約する場合は以下からどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。