「iOS 11」のインストール率が1週間で25%に 「iOS 10」に比べるとやや遅い普及ペース

「iOS 11」がリリースされてから、早くも1週間が経過した。リリース後24時間で全体の10%のユーザーがアップデートを行ったことが判明していたが、その後も徐々に同OSを利用しているユーザーは増えているようだ。

分析会社Mixpanelが収集したデータによれば、「iOS 11」のリリースから1週間後のインストール率は、全体の25%を突破したことが判明。4人に一人が「iOS 11」をインストールしている計算になる。

ちなみに、昨年の「iOS 10」公開から1週間時点のインストール率は約30%程度になっていたことから、今年の「iOS 11」のインストール率はややゆっくりな普及ペースになっているようだ。

ちなみに、「iOS 11」は以下の端末でインストールすることが可能。

「iOS 11」対応機種
iPhone iPad iPod touch

iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone SE
iPhone 5s

iPad Pro (12.9 inch, 第1世代)
iPad Pro (12.9 inch, 第2世代)
iPad Pro (10.5 inch)
iPad Pro (9.7 inch)
iPad Air 2
iPad Air
iPad (第5世代)
iPad mini 4
iPad mini 3
iPad mini 2

iPod touch (第6世代)

iOSのアップデートは、「設定」アプリの[一般]>[ソフトウェアアップデート]から。もしくはPCやMacと接続しiTunes経由で行うことが可能だ。事前のバックアップをお忘れなく。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。