米Amazonが2年ぶりに「Apple TV」の取り扱いを開始へ Apple TV向け「プライム・ビデオ」アプリのリリースが近い?

現地時間9月26日、米Amazonは「Apple TV」の取り扱いを再開することがわかった。同端末の販売を禁止してから、約2年ぶりの取り扱いとなる。

2015年10月、米Amazonは「Apple TV」や「Chromecast」と言った競合他社のストリーミングメディアプレーヤーのマーケットプレイスへの出品を禁止していたが、9to5Macによると、同社ウェブサイト上に久々に「Apple TV 4K」の商品ページが登場したとのこと。

Amazon.comに「Apple TV 4K」の商品ページが登場 価格は64GBモデルが199ドル

商品ページによると、64GBモデルが199.00ドル、32GBモデルは279.99ドル+配送料5.49ドルで販売される予定(32GBモデルはマーケットプレイス出品)。ちなみに、現時点で日本のAmazonでは、「Apple TV」の出品は存在しない模様。

なぜ、「Apple TV」の商品ページが復活したのかは不明だが、おそらくこれは今年6月に発表されたApple TV向け「プライム・ビデオ」アプリのリリースが近いからだろう。

Appleは、Amazonと協力し、Apple TV向けに「プライム・ビデオ」アプリをリリースすることをすでに発表しており、その時期を2017年後半とアナウンスしている。ただし、先日のスペシャルイベントでも具体的なリリース日については明らかにされておらず、噂では近いうちに同アプリがリリースされると予想されている。

そもそも、2年前にAmazonが「Apple TV」や「Google Chromecast」を自社サイトから締め出した理由は、これらが「Amazon プライムビデオ」を楽しめない端末だったから。つまり裏を返せば、Apple TVで「プライムビデオ」アプリをインストールできるようになれば、Amazonで「Apple TV」が販売できるようになるということだ。

上記の理由で2年以上販売が禁止されていたにも関わらず、突如「Apple TV 4K」の商品ページが現れたことを考えると、Apple TV版「プライム・ビデオ」アプリのリリースが近いのではないか。その可能性は十分にありそうだ。

ちなみに、BestAppleTV.comMacRumors経由)によると、Amazonは今週木曜日(米国時間)に開催される「Thursday Night Football(NFLネットワークが提供するNFLの試合中継)」を皮切りに、Apple TV向け「プライムビデオ」アプリのサービスを開始する可能性があるとのこと。「プライムビデオ」アプリで同試合を中継する予定であるようだ。

同メディアはこれまでのリークに実績がないことから、信ぴょう性に関しては定かではない。しかしながら、この情報を伝えていたのは数日前だったことから、本当のことを言っている可能性も十分にある。

もし、これらの情報が正しいとするならば、Apple TV版「プライムビデオ」のリリースは今週木曜日(日本時間29日?)、リリースと同時に9月28日に開催されるChicago BearsとGreen Bay Packersの熱い試合を見ることができることになるが、果たして。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Apple TV」をチェック
 ・Apple TV 4K
 ・Apple TV (第4世代)
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。