Mozilla、新レンダリングエンジンを搭載したブラウザ「Firefox Quantum」を11月14日リリースへ ベータ版の提供が開始

Firefox Quantumの登場に合わせてロゴも刷新で簡素化

現地時間26日、Mozillaウェブブラウザ「Firefox Quantum」を発表。従来のブラウザ「Firefox」に比べて、パフォーマンスが大幅に向上されていることがわかった。

「Firefox Quantum」は、従来までの「Firefox」の後継ブラウザ。本体であれば、「Firefox 57」としてリリースされるはずだったが、今回のアップデートで大幅にパフォーマンスが向上したことから、新しく「Firefox Quantum」と名付け、今回のパフォーマンス向上を広く伝えることが目的であるとのことだ。

「Firefox Quantum」には、「Project Quantum」で生まれた次世代CSSエンジンが搭載されており、各デバイスに搭載されているマルチコアCPUを最大限に活用することでWEBページのレンダリング処理を高速化した。この結果、従来の「Firefox」に比べて2倍早く動作させることに成功したとのこと。

また消費メモリも、Google Chromeに比べて30%程度少なく済むとし、快適なブラウザ環境を提供できることをアピールしている。

また、新たにPhotonと呼ばれる新UIも採用されており、タブの形状が角丸から四角になるなど、一部のデザインが変更になっている。

「Firefox Quantum」は11月14日に正式リリース予定で、現在ベータ版が公開されている。デスクトップ版だけでなく、iOS/Android版もリリースされる予定だ。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。