Twitter、iOS版アプリのアップデートと同時に、Apple Watch版「Twitter」アプリの提供を中止

昨日、TwitterはiOS版「Twitter」アプリを最新バージョン7.8にアップデートしているが、同アップデートと同時にApple Watch版「Twitter」アプリの提供が中止されていることが判明した。

MacRumorsによると、昨日リリースされたiOS版「Twitter」アプリの最新版にアップデートしたユーザーの中から、Apple Watch版「Twitter」アプリが自身のApple Watchから削除されたと報告しているユーザーが多数いることが判明。App Storeからも削除されていることが確認されている。

Apple Watch版「Twitter」アプリの提供が停止 理由は現段階では不明

今回の件に関しては、Twitter社の方からはコメントやアナウンスは行われていないため、今後はApple Watch版「Twitter」アプリが復活するかどうかは不明。一時的に削除されているのか、それとも今後提供をしないつもりなのかも分かっていない。

ちなみに、筆者の環境でも同じことが起きている。昨日からTwitterアプリのアイコンが表示できなくなり、iPhoneから一度アプリを削除し、再インストールしたところ、Apple Watchに「Twitter」アプリのインストールができなくなってしまった。

今回、TwitterがApple Watch向けアプリの提供を中止した理由についても明らかになっていない。ただし、MacRumorsフォーラムのメンバーによると、「Apple Watch Series 3」や「watchOS 4」を利用している場合に、多数の不具合が見つかっていることから、これらに対処するために一時的にアプリを取り下げている可能性がある。

ただ、Apple Watch向けアプリに関しては、一部の大手サービスが撤退をしている現状を考えると、これらの会社と同様にTwitterも提供を終了した可能性もあるのかもしれない。本当の理由は、Twitterからのアナウンスを待つしかないだろう。

ちなみに、サードパーティ製「Twitter」クライアントアプリは継続して動作できているので、「Apple Watch」でTwitterを利用したい方はこれらのサードパーティ製アプリを利用していただけたらと思う。

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 6
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー

[ via iDB ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。