「watchOS 4.1 beta」、Apple MusicがApple Watchから聴けるように 「Radio」アプリも新たに搭載

本日、Appleは開発者向けにwatchOSの最新ベータ版「watchOS 4.1 beta」をリリースしているが、今回のアップデートの中で大きな変更点が存在することが判明した。

「watchOS 4.1」のリリースノートによると、今回のアップデートによって音楽ストリーミング機能と、ラジオアプリが追加されているとのこと。

「watchOS 4.1」で「Apple Music」が聴けるように

「watchOS 4.1」では、Apple MusicやiCloud Music Libraryを使って自由に音楽を聴くことができるようになった。同機能は、新型Apple Watchの「Apple Watch Series 3」の発表の時に明かされていた機能だが、次回のアップデートで同機能がアンロックされるようだ。

また、新しい「Radio」アプリによって、無料ラジオステーション「Beats 1」や、Apple Music Radio Stationを聴くことができるとのこと。

「Apple Watch Series 3」のセルラーモデルであれば、これらの機能をWi-Fi環境だけでなく、モバイル通信を使って視聴することが可能になるとのことだが、同ベータ版の「Radio」アプリに関してはセルラー通信をサポートしていないなど、不完全な状態でもあるとのこと。

Appleはベータテスターに対して、新しい機能をテストし、バグを見つけた場合はフィードバックを求めているため、同機能をテストした開発者の方々はAppleにフィードバックを。

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 6
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。