Apple Music、有料サブスクライバーが3,000万人を突破 Jimmy Iovine氏が同サービスの今後について語る

Appleの音楽配信サービス「Apple Music」の有料会員数が3,000万人を突破したことが分かった。Appleの幹部で、Beatsの共同創業者であるJimmy Iovine氏は、Billboardのインタビューに応じ、「Apple Music」の現状について話している。

今回のインタビューで、同氏は「Apple Music」の有料サブスクライバーの人数が、3,000万の大台を越えたことを明かした。今年6月の時点で2,700万人に達していたことから、約3ヶ月で300万人増えたことになる。

apple-music-cm-20160418_3

Jimmy Iovine氏は「Apple Music」の成長には一定の満足感を得ているようだが、だからと言って「Apple Music」が完成されたサービスだとは考えていないようだ。

彼は、「Apple Music」の今後の課題として、「Apple Music」がアーティストの曲作りの手助けになるような存在になることが重要だと考えており、単に加入者を増やすために、配信楽曲数を増やすだけでは不十分であるとのこと。現在は、音楽ストリーミング市場において、「Apple Music」の存在を確立するための方法を同氏は模索しているようだ。

ちなみに、音楽ストリーミング市場で最も強力なライバルはSpotify。設立からすでに6,000万人の加入者をもつ巨大サービスを相手に、どのように競争していくのか、今後の「Apple Music」に期待が高まる。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。