「macOS High Sierra」、Adobe IllustratorとInDesignが正常に動作せず

[ img via midiman ]

本日、ゲームエンジン「Unity」を利用したゲームタイトルが正常に動作しないという話が挙がっていたが、今度はAdobeのIllustratorに関する不具合の報告が挙がってきている。

MacRumorsによると、「macOS High Sierra」にアップグレードしたユーザーが、「Adobe Illustrator」と「Adobe InDesign」が正常に動作しないと報告していることがわかった。

「Adobe Illustrator」「Adobe InDesign」、「macOS High Sierra」で正常に動作せず

報告によると、「Adobe Illustrator」は「macOS High Sierra」で導入された新ファイルシステム「APFS」との互換性に問題があり、アプリの起動ができなかったり、クラッシュすることが頻発しているとのこと。さらに、同アプリを新規でインストールすることも難しいようだ。

そして、「Adobe InDesign」の方は「Adobe Illustrator」に比べて不具合は少ないものの、カーソルが正しく表示されないなどのいくつかの問題が発生中。Adobeも上記の問題をすでに認識しており、修正に向けて動いているというが、現状ではどちらのサービスも、「macOS High Sierra」で使うのは難しいようだ。

今回のAdobeの件もUnityの時と同じく、おそらく「macOS High Sierra」の新しい仕様が原因。APFSなど大きな変更がいくつか施されたことから、開発者側は対応に追われている状況だ。

ユーザー側で対処できることはほとんどないため、もしこれらのアプリを「macOS High Sierra」で利用しようと考えている場合は、OSのアップグレードは少し様子見したほうがいいと思われる。

ちなみに、MacRumorsによると、現状動作しないアプリケーションは、「Autodesk」「AutoCAD 2017」「DiskWarrior 5.0」「Ulysses 3」「2Do」「Transmit Version 5」など。そして、「Civilization V」「Cities: Skylines」などUnityを使用したゲームタイトルも遊ぶことができない。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。