「iOS 11」の個人間送金機能「Apple Pay Cash」は10月下旬にリリースか

先日、Appleは一般ユーザー向けに正式版「iOS 11」や「watchOS 4」をリリース。両OSでは多数の新機能が追加されているが、そのうちの個人間送金機能「Apple Pay Cash」は今回は実装されず、Appleは同機能の実装について「Coming this fall(今秋登場)」とアナウンスしていた。

しかし、その実装が10月下旬になるという記載が米Apple公式サイトから見つかったようだ。9to5Macが伝えている。

「Apple Pay Cash」は10月下旬に実装か 「Apple Watch Series 1」のページから判明

「Apple Pay Cash」は、「メッセージ」アプリに導入される新機能で、「Apple Pay」を通じて個人間のお金のやりとりができるようになるというもの。「iOS 11」と「watchOS 4」での利用ができるようになると発表されている。

同機能のリリースは諸事情により遅れており、今秋のリリースがアナウンスされていたが、米Apple公式サイトの「Apple Watch Series 1」のページ最下部にある脚注部分に「Coming in late October」という記載が見つかったとのこと。

9to5Macが公開したスクリーンショットには、確かに「Coming in late October」という記載があり、おそらくこの時期に「Apple Pay Cash」が実装された「iOS 11.1」や「watchOS 4.1」がリリースされるものとみられている。

ただし、「Apple Watch Series 3」や「iPhone 8」のページでは依然として「Coming this fall」と記載されており、先ほど筆者が「Apple Watch Series 1」のページを確認したところ、記載が「Coming this fall」に修正されていたことから、実際に10月下旬に「Apple Pay Cash」がリリースされるかどうかは不明だ。

また、リリースされたとしても、初めは米国のみでの提供が予定されているので、日本で利用できるようになるのはもう少し先になることが予想される。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。