Apple、「iPhone 8 Plus」の新機能「ポートレートライティング」をアピールする新広告動画を公開

本日、Appleは米YouTubeの公式チャンネルに、「iPhone 8 Plus」シリーズに搭載された最新機能「ポートレートライティング」をアピールする広告動画を投稿している。

今回公開された動画「iPhone 8 Plue -Portrait of Her」は、「iPhone 7 Plus」に搭載されたポートレートモードを進化させた撮影モード「ポートレートライティング」を使った広告だ。

「ポートレートライティング」は、顔検出機能と深度マップを利用して、影や光の感じを5種類に変化させることができる機能。動画を見ていただければお分かりいただけると思うのだが、同機能をうまく使えば、人物を撮影する際にモードを切り替えるだけでまったく異なる印象の写真を撮影することができる。インスタグラムなどで特徴的な写真を撮りたいときなどに便利な機能かもしれない。

ちなみに、現状では「iPhone 8 Plus」だけで利用できる機能だが、来月発売する予定の「iPhone X」でも利用することができるとアナウンスされている。

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。