Amazonのスマートスピーカー「Amazon Echo」と音声アシスタント「Alexa」、日本国内で年内リリース予定

Amazonのスマートスピーカー「Amazon Echo」と、人工音声アシスタント「Amazon Alexa」が、年内に日本でも使えるようになることが明らかになった。本日、Amazon.co.jp「Amazon Echo」と「Amazon Alexa」を国内向けに展開することを正式に発表している。

事前に購入を希望するユーザーに招待制で販売へ

Amazonの発表によると、スマートスピーカー「Amazon Echo」は、事前に購入を希望するユーザーに対して招待制で「Amazon Echo」を販売する予定。さらに、Alexa Skills Kit(ASK)およびAlexa Voice Service(AVS)を日本市場でも展開し、日本のユーザーを対象に世界中の開発者がAlexaによる音声体験を構築できるように支援する予定であるとのこと。

Amazonは、これらのデバイスや音声アシスタントを年内にリリースする予定。日本で発売される「Amazon Echo」は、おそらく先日海外向けに発表された第2世代「Echo」で、専用のツイーターや2.5インチ ダウンファイアーウーファーを組み合わせ、部屋全体に鮮明なボーカルとダイナミックな低音レスポンスを実現するDolbyプロセッシングが採用されているのが特徴だ。

遠隔音声認識技術と7つのマイクアレイにより、部屋中のさまざまなところから発せられる音声を明確に聞き取ることが可能。音声アシスタント「Alexa」を介することで、音楽の再生、ニュース、天気、スケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、プロ野球や大相撲などスポーツ結果の確認など様々な情報にアクセスすることができる。自宅の居間や寝室に設置しておけば、きっと便利になるに違いない。

「Amazon Echo」は、これまで北米を中心にグローバルな販売が行われており、スマートスピーカー市場で最も大きなシェアを獲得した製品だ。先日には第2世代が発表されており、第1世代に比べて性能が向上。価格も安く設定されているため、ユーザー数がさらに増えそうな予感。

スマートスピーカーに関しては、日本ではLINEが「WAVE」をいち早くリリースしており、まもなくGoogleは「Google Home」をリリースする予定。「Amazo Echo」が、これらのデバイスのライバルになることは確実で、国内のスマートスピーカー市場は熾烈になることは間違いないだろう。

ちなみに、今年の6月には、Appleも「HomePod」を12月に発売することを発表しているが、第1次販売国の中に日本は含まれていない。

また、Amazonの発表では、開発者がAlexaのスキルを作成することができる「Alexa Skills Kit(ASK)」を日本でも展開されることが明らかになっている。このASKは、すでに一部のパートナー企業(NTTドコモ、クックパッド、KDDI、積水ハウス、ソフトバンク、NHK、JR東日本、三菱UFJフィナンシャル・グループ、ヤフー、リクルートホールディングス)に提供されており、すでにASKを利用して何かしらのサービスを開発中であるとのこと。

さらに、ハードウェアメーカーがAlexa対応製品を開発できるようにする「Alexa Voice Service(AVS)」も日本で提供される予定。アンカー・ジャパン、HTC Corporation、オンキヨー、ハーマンインターナショナルなどの企業に提供されており、これらの企業は日本市場向けにスマートスピーカーをリリースすることを計画しているとのこと(アンカーはすでに日本国内でスマートスピーカーをリリース予定であることを発表済み)。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。