Google、「Google Home Mini」を正式発表 価格は6,480円、予約は本日から~日本でも購入可能に

10月5日 (日本時間)、Googleは新製品発表イベントを開催しており、新型スマートスピーカー「Google Home Mini」を発表した。

同スピーカーは、「Google Home」を小型化した新型モデル。人工音声アシスタント「Google アシスタント」を搭載し、ユーザーは音声によって操作することが可能だ。

本体には「Google Home」と同じファブリック素材を使用。本体上には4つのLEDライトが配置されており、話しかけた時に点灯する仕組みになっている。ユーザーの声はどの角度からでも聞き取ることが可能なので、部屋のどこかにおいておけば反応することができる。

「Google Home Mini」は、「Google Home」シリーズの中でもエントリーモデルという位置付け。価格は49ドルで、本日から予約受付を開始し、10月19日に発売するとのこと。  

カラーバリエーションは、「チョーク」「チャコール」「コーラル」の3色展開。

 

「Google Home Mini」は日本でも販売されるとのことだが、日本での価格や発売日についてはまだ発表されていない。ちなみに、初代「Google Home」も、今週中にも日本で販売が開始される予定。

【追記】日本での価格は6,480円であることが判明している。購入はこちらから可能になるようだが、まだ注文することはできないようだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。