もし「iPhone X Plus」が作られたらこんな感じ? イメージ画像が作成される

Appleは9月に開催したスペシャルイベントで、iPhone初の有機ELディスプレイを採用し、ホームボタンを廃止してベゼルを限りなく狭くした「iPhone X」を発表した。

「iPhone X」はこれまでのiPhoneからデザインが一新し、今後のiPhoneはこのデザインがスタンダードになっていく可能性があるが、もし「iPhone X」より一回り大きい「Plus」モデルが登場したらどのようになるのか。iDrop Newsが「iPhone X Plus」のレンダリングを公開している。

「iPhone X Plus」の画面サイズは6.4インチ

画像には、二つのiPhoneが並んでいるが、左が「iPhone X」で、右が「iPhone X Plus」。右の「iPhone X Plus」の画面サイズは6.4インチ。Appleは6.4インチのモデルを用意しているという先日の報道を踏まえたものであるようだ。

当たり前だが、「iPhone X Plus」の本体デザインは「iPhone X」を単純に大きくしただけで、こちらだけに存在する特徴は何一つない。端末上部に配置された凹部分(センサーハウジング)も大型化しているだけだ。

端末が大きくなったからといって各センサーが大きくなるわけではないため、センサーハウジング領域を「iPhone X」と同じ大きさにすることも可能だと思うが、それを実行してしまうと「iPhone X」とは画面表示が異なってしまうため、これら二つのモデル間でデザインを変えるという選択肢は現実的ではないだろう。

もし、今回の「iPhone X Plus」のような大型モデルが出るとすれば、その時期はおそらく来年9月。一部のメディアは、Appleは5.85インチと6.46インチの有機ELディスプレイの開発を開始していると報じており、すでに次なるiPhoneの開発に着手しているとされる。

今年、Appleは「iPhone X」の他に「iPhone 8」シリーズを登場させたが、来年も継続的に従来型モデルを発売するかは未知数。10周年を期に、次世代型に完全シフトしてしまう可能性も十分にありえる。そうなると、次期iPhoneは「iPhone X」と「iPhone X」モデルの2種類になるのかもしれないため、今回のイメージ画像がとても参考になるだろう。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。