「macOS High Sierra 10.13 追加アップデート」配信開始 ディスクユーティリティにAPFS暗号化パスワードが表示される不具合が修正など

本日、Appleは「macOS High Sierra 10.13 追加アップデート(Supplemental Update)」の配信を開始した。同アップデートは、9月27日にリリースされた正式版「macOS High Sierra 10.13」に存在していた不具合を修正し、安定性や信頼性を向上させものになっている。

Appleが公開したリリースノートによると、以下の変更が実施されているとのこと。

  • インストーラーの堅牢性が向上
  • Adobe InDesignのカーソルグラフィックの問題が修正
  • 「メール」アプリで、Yahooアカウントのメールを削除できない問題を修正

またリリースノートには記載されていないが、前バージョンで存在していたディスクユーティリティのヒントに、APFS暗号化パスワードがプレーンテキストで表示される不具合の修正も含まれている

今回のアップデートは、すべてのmacOS High Sierraのユーザーに推奨されている重要なアップデート。アップデートは、Mac App Storeから可能なので、時間があるときにアップデートしておきましょう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。