「ミニファミコン」「ミニスーファミ」の次は「ミニゲームボーイ」? 任天堂が商標出願

[ img via Bryan Ochalla ]

昨年、任天堂はミニファミコンこと「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」を発売。

そして、つい今月5日には第2弾としてミニスーファミこと「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」を発売したが、その次の第3弾は「ミニゲームボーイ」になるのかもしれない。

任天堂は、“とある旧ゲームハード”の商標登録を出願したことが明らかになっている。

ミニゲームボーイは2018年8月に発売?

以下が、任天堂が商標登録の出願用に提出された画像。おそらく1989~1990年代を生きていた方ならお分りいただけると思うのだが、これは「ゲームボーイ」というポータブルゲーム機(1989年発売)だ。

任天堂は、この「ゲームボーイ」を家庭用ゲーム機用プログラム、家庭用テレビゲーム機用のプログラムを記憶させた記憶媒体、携帯用電子ゲーム機用プログラムなどとして出願している。

本当に任天堂が「ミニゲームボーイ」を売るつもりなのかどうかは定かではないが、先日発売した「ミニスーファミ」についても、昨年12月に商標を出願していたことが判明していることから、いずれ「ミニゲームボーイ」が登場する可能性はなくはない。 

ミニスーファミは、出願から10ヶ月で発売に至ったことを考えると、「ミニゲームボーイ」は今から10ヶ月後となる来年8月あたりに発売するのかもしれない。

当然、「ミニゲームボーイ」として発売されるのであれば、デザインはゲームボーイのまま、サイズは小型化することになる。ゲームボーイポケット(1996年発売)くらいの大きさだろうか。

「ゲームボーイ」はファミコンやスーファミのように据え置き機ではなくポータブル端末であったことから、当時のように電池式もしくはバッテリー内蔵になる可能性がある。

ちなみに、任天堂は「ゲームボーイ」の他にも、今年7月に「ニンテンドー64」のコントローラーの商標登録も行なっている。「ミニゲームボーイ」の前に、「ミニニンテンドー64」が出るのかどうかについても注目が集まる。

[ via 秒刊SUNDAY ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。