Twitter、ツイートをブックマークできる機能「Save for Later」を開発中

twitter

Twitterは、ユーザーのツイートをあとから見返すための機能「Save for Later」機能を開発中であることがわかった。

TwitterのプロダクトマネージャーのJesar Shah氏は、同機能を開発中であることを明かし、「Save for Later」機能のデモンストレーションをTwitterに投稿した。

同機能は、つまるところブックマーク機能。デモを見ればお分りいただけるように、ツイートをブックマークに追加することであとから見返すことができる。

使い方は、ツイートカードの右下のメニューボタンからブックマークするだけ。ブックマークをしたツイートは、メニューから再度閲覧することが可能になる。

この機能は、もともとTwitterを利用するユーザーからの要望を受けて開発されているもののようだ。Twitterの公式アプリにはツイートを保存しておく機能が存在せず、ユーザーは「いいね」もしくは「RT(リツイート)」などを使ってブックマークの代わりにしていたが、現在開発中のブックマークオプションは、これらの代替になるはずだ。

Jesar Shah氏によれば、Twitterは「Save for Later」に対する意見や感想などのフィードバックを募集している。一部のユーザーに対してテストを実施しているようだが、ハッシュタグ ”SaveForLater” を使用してツイートすることで、開発者に意見を伝えることができるとのことだ。

[ via BuzzFeed.com ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。