Apple、スティーブン・スピルバーグ氏と契約 同氏原作の「世にも不思議なアメージング・ストーリー(原題:Amazing Stories)」の続編を製作中

[ img via Gage Skidmore ]

先日の報道で、Appleは独自の映像コンテンツを製作中で、来年以降にも公開する予定であることが明らかになっていたが、今回は同報道の続報。

なんと、Appleは映画の巨匠スティーブン・スピルバーグ氏とともに、過去の名作を再び復活させることを計画していると、The Wall Street Jounalが報じている。

「世にも不思議なアメージング・ストーリー」の続編を製作中?

Appleが計画している新しい映像コンテンツは、1985年から1987年までアメリカのテレビで放映されたオムニバス・ドラマ「世にも不思議なアメージング・ストーリー(原題:Amazing Stories)」。同ドラマは、スティーブン・スピルバーグ監督が製作総指揮を務めた一話完結型ドラマ。話ごとに出演する俳優や監督が異なり、ジャンルもSFやホラー、コメディなど多岐にわたる。

Appleは、同シリーズの制作にあたって、スピルバーグ氏が設立したAmblin Televisionや、Comcast Corp.のNBCユニバーサルテレビプロファクション部門とサインを交わした。新シリーズの制作総指揮は引き続きスピルバーグ氏が務めるとのこと。

「Amazing Stories」のエピソードは全10話で、制作費用は1話で500万ドル(約5億6000万円)になる見込み。同じくテレビドラマの「Breaking Bad」や「Game of Thrones」などのビッグタイトルと並ぶ制作費用になるとみられる。

ちなみに、Appleは2018年以降に複数の独自映像コンテンツを公開する予定。その予算は約10億ドル(約1100億円)とも言われており、この額は「Amazing Stories」が20回近く作れるほど莫大なものだ。Netflix、Huluなどに対抗するために、Appleは水面下で様々な映像作品の制作を検討していることだろう。

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。