「iOS 11」、公開から23日で「iOS 10」のシェアを超える

先月20日にリリースされた「iOS 11」のインストール率は、ようやく「iOS 10」のそれを超えたようだ。分析会社Mixpanelが収集しているデータによると、「iOS 11」のシェアは47.42%に達し、「iOS 10」のシェア(46.0%)を超え、最も多くのデバイスにインストールされているOSになったことが分かった。

「iOS 11」がリリースされてから、「iOS 10」のシェアを越えるためにかかった日数は約23日。これは、「iOS 10」が「iOS 9」のシェアを越えるまでに2週間しかかからなかったことを考えると、かなり遅いペースとなる。

ただし、グラフを見ていただければお分かりいただけるように、インストールされているデバイスは徐々に増えてきている様子も伺える。

今回、「iOS 11」の普及が遅い理由は「iOS 10」ほどの大きな変化(特に見た目に関して)がなかったことが挙げられる。iPad向けには「Dock」機能など新たな要素も加わっているが、iPhone向けには抜本的な変更が見られないため、「iOS 10」よりも普及ペースが遅れているものとみられる。

「iOS 11」対応機種
iPhone iPad iPod touch

iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone SE
iPhone 5s

iPad Pro (12.9 inch, 第1世代)
iPad Pro (12.9 inch, 第2世代)
iPad Pro (10.5 inch)
iPad Pro (9.7 inch)
iPad Air 2
iPad Air
iPad (第5世代)
iPad mini 4
iPad mini 3
iPad mini 2

iPod touch (第6世代)

ちなみに、「iOS 11」は以上の端末でインストールすることが可能。「iOS 11」の新機能は以下の記事でまとめているので、まだ同OSを試していない方はぜひご一読を。

「iOS 11」の最新版は「iOS 11.0.3」。iOSのアップデートは、「設定」アプリの[一般]>[ソフトウェアアップデート]から、もしくはPCやMacと接続しiTunes経由で行うことが可能だ。事前のバックアップをお忘れなく。

[ via MacRumors ]

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。