「iPhone X」ロック画面の通知、使っている本人だけが確認できる仕様に

「iPhone X」で新たに導入される顔認証機能「Face ID」によって、他人に通知が見られることを防ぐことができることが分かった。

PhoneArenaによると、「iPhone X」と「iOS 11」の組み合わせによって、使っているのがユーザー本人であることが確認できない場合、ロック画面に通知内容を表示しない仕様になっているとのこと。

使っている本人だけがロック画面の通知を確認できる

今までのiOSでは、メッセージなど何かしらの通知を受け取った場合、ロック画面にメッセージの内容が表示される仕様になっていた。この仕様は、ロック画面をわざわざ解除する必要もなく、通知内容を確認できるため便利といえば便利だったかもしれないが、使用している本人以外でも通知内容を確認できるという弊害もあった。

しかし、この問題は「iPhone X」で解消される。「iPhone X」では「Face ID」を使うことで、ユーザーの顔を認識。本人であると確認できた時のみロック画面に通知を表示することができるという。本人確認ができない場合は、単に通知があったことだけを表示する仕様になっているとのことだ。

ちなみに、「iOS 11」ではロック画面で通知内容を表示するかどうかを選ぶことができるようになっている。設定方法は簡単で、「設定」アプリ>[通知]>[プレビューを表示]を選択。

ここで、「ロックされていないときのみ」を選択することで、ロック画面に通知内容を表示することを防止することができる。この設定は、「iPhone 8」以前の端末でも利用できるため、通知を誰にも見られたくない方はぜひ活用していただきたい。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via iPhone Mania ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。