Apple、「iOS 11」で「GarageBand」を起動できない不具合を修正中 ~サポートドキュメントを公開し対処法を説明

現在、「iOS 11」をインストールした端末において、「GarageBand」アプリが起動できない、もしくは正しく動作しない不具合が一部ユーザーで発生していることがわかった。

この問題については、Appleはすでに不具合の存在を認識しており、修正に向けて動いているとのこと。さらに、同社は公式サイトにサポートドキュメントを公開しており、ユーザーに対して不具合に対する対処法を公開している。

サポートドキュメントによると、iPhone、iPadまたはiPod touchを「iOS 11」にアップデート後、もし「GarageBand」アプリが開かなくなった場合は、「設定」アプリの上部に表示される自身の「Apple ID」をタップ、この中から[iCloud]の項目を選択し、「GarageBand」をオフにすることで一時的に解消することが可能であるとのこと。

ただし、このiCloud機能をオフにすることで「GarageBand」アプリを起動することは可能になるものの、それと同時に新しく作成した楽曲はローカル内に保存されるほか、iCloudドライブに保存した楽曲データにアクセスすることができなくなるため、これまで通りに使うには「GarageBand」の不具合が直るのを待つしかないだろう。

冒頭でもお伝えした通り、Appleは同問題を認識しており、現在不具合の修正に向けて動いている。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via AppleInsider ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。