Foxconnが「iPhone X」の初回出荷を開始 オランダやUAEに46,500台、日本国内向けは14,000台か

品薄が噂されている「iPhone X」の出荷が、いよいよ開始された新華社通信が伝えている。「iPhone X」の組み立てを行なっているFoxconn鄭州工場から、鄭州新鄭国際空港と上海浦東国際空港経由で、オランダとアラブ首長国連邦に出荷されているとのこと。

今回出荷された「iPhone X」の台数は46,500台。これは、海外向けの出荷の第一弾とみられ、今後何回かに渡って出荷が行われる見込み。

発売日に日本国内でゲットできる人は7万人以下

この報道について、Macお宝鑑定団Blog(羅針盤)によると、各地域への出荷数は以下のようになるとのこと。

仮にこの出荷数が全てオランダだった場合、過去のロケーション割当から、初回出荷の全体数は約84万台で、アメリカとカナダが約53万台、ヨーロッパが約21万台、アジアは約10万台となり、その内日本に割り当てられるのは14,000台程度になると考えられます。

もし、この数字が合っていたとするならば、「iPhone X」の日本国内向け出荷数はわずか14,000台。

仮に発売日までに在庫積み増しが行われたとしても、上記の5倍に届かない可能性があるとのこと。つまり、発売日初日に入手できる人は70,000人に満たないことになる。

「iPhone X」は最低でも12万円を超える高級な端末になるが、それでも同端末を待つ人は多い。おそらく予約開始と同時に初回出荷分は完売するものとみられ、入手は困難になることが予想される。

「iPhone X」の予約開始は、日本時間10月27日午後4時01分から。発売は11月3日。予約は以下のサイトや各店舗で。

▶︎ iPhone X / 8 / 8 Plusの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。