「macOS High Sierra 10.13」、iMessageに関する不具合が存在 iOS版に比べてメッセージが遅れて届くなど

AppleInsiderによると、先月リリースされた「macOS High Sierra 10.13」の「iMessage」には、ある不具合が存在することが判明した。

不具合の内容は、メッセージが通常より遅れて届くというもの。iPhoneやApple Watchなどと比較すると、最大で数十分近く遅れることもあるという。

同問題はすでにサポートコミュニティなどで報告されているものの、先日の最新アップデートでも解決できていない。AppleInsiderによれば、「メッセージ」アプリを常時起動しておくことでメッセージの受信をいくらか早めることができるとしているが、それでも遅れて届く状況は変わらないという。

残念ながら、同不具合が発生している原因は不明とされている。しかし、開発者らの推測では、Appleが今後のアップデートで導入予定の「Message in iCloud」機能が関連しているのではないかとのこと。

「Message in iCloud」は複数のデバイス間でメッセージスレッドを同期させる機能で、Appleは「WWDC 2017」で同機能を発表していたが、先日リリースした「macOS High Sierra 10.13」では実装に至っていない。同機能が正式にリリースされる頃には、報告されているiMessageの不具合が解消される可能性はあるが、現時点ではそれも定かではない。

実際に使っている方はご存知かと思うが、「macOS High Sierra 10.13」については、例年に比べて不具合が多い印象。これらの不具合を回避するには、旧世代のmacOSに戻すしかないのが現状となっている。Appleには早期に不具合を解消していただきたいところ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。