ニンテンドースイッチ、本体システムバージョン4.0がリリース ゲーム動画撮影機能が搭載

10月19日、任天堂は「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の本体機能の更新データ(システムバージョン4.0.0)の配信を開始した。同更新によって複数の新機能が搭載される。

任天堂の発表によると、今回のシステムバージョン4.0.0では一部のゲームで動画撮影に対応したとのこと。上手なプレイをしたときや面白いシーンを記録しておくのに最適だ。

  • ゲーム中に、Joy-Con(L)の「キャプチャーボタン」を長押しする(“ピッ”という音がするまで押し続ける)と、最大で30秒前からの動画を保存できます。
  • 保存した動画は、HOMEメニューの「アルバム」で確認できます。
  • 「アルバム」からFacebook、Twitterに投稿できます。

動画が撮影できるゲームタイトルは、現時点で「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (Ver. 1.3.0以降)」「マリオカート8 デラックス (Ver. 1.3.0以降)」「ARMS (Ver. 3.1.0以降)」「スプラトゥーン2 (Ver. 1.2.0以降) 」の4本と限られるが、今後対応タイトルを増やす予定としている。

撮影できる動画数は本体保存メモリーに最大100本、市販のmicroSDカードに最大1,000本まで保存できる。同機能を使って撮影されたサンプル動画は以下の通り。

また、そのほかにも発売前にソフトをダウンロードしておき、発売日と同時に遊び始めることができる「あらかじめダウンロード」機能が搭載。そして、「設定」に以下の機能が追加されている。

  • ユーザーに設定できるアイコンに『スーパーマリオ オデッセイ』と『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のキャラクターが増えました。
  • ほかの本体にユーザーとセーブデータを引っ越しできるようになりました。

これらのシステムの更新は、ニンテンドースイッチから行うことができる。HOMEメニューの「設定」から、「本体」を選択し、最新バージョンへのアップデートが必要かどうかを選択することで完了する。時間があるときにアップデートしておきましょう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。