「iPhone X」の低価格モデルが2018年に登場か 中国向けに発売する可能性

Appleは来月、待望の「iPhone X」を発売するが、中には最低12万円もする価格設定に尻込みをしている人もいるかもしれない。しかし、Appleはそんなユーザーのために、低価格モデルを準備している可能性があるようだ。

市場の分析を行っている業界筋によると、Appleは2018年に「杭州」というコードネームの「iPhone X」の低価格モデルを中国向けに発売する可能性があるという。經濟日報が報じている。

「iPhone X」に低価格モデルが登場?

これまで、Appleは低価格モデルとして「iPhone 6」の32GBモデルなどを各国で販売しているが、これらはプロセッサなどの中身をほとんど変えず、ストレージ容量だけを少ないものに入れ替えたモデルだった。

もし同じようにして低価格モデルを追加するとすれば、「iPhone X」のストレージ容量を少し減らして販売することが考えられる。

ただし、「iPhone X」は現時点で64GBと256GBの2種類のみが用意されており、それぞれ価格が112,800円と129,800円(Apple公式サイトでの注文の場合、いずれも税抜)。両モデルの差額は17,000円ほどしかないことから、もし32GBモデルが新設されたとしても、価格は1~2万円ほどしか安くはならないだろう。

もしかすると、何かしらの機能をドロップさせる可能性もあるが、ホームボタンがなくなった以上、「Face ID」は必ず搭載するはず。強いて言えば、有機ELディスプレイを従来の液晶に置き換えることくらいだろうか。

分析によると「杭州」はあくまで中国向けに発売されるということなので、同じく日本でも販売が行われるかは不明。こればかりはさらに情報が出てこない限りはなんとも言えないので、今後の情報に期待しておこう。

[ via Macお宝鑑定団Blog(羅針盤) ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。