iOS 11、正式版の公開から1ヶ月でようやくシェアが約55%に

先日、9月20日にリリースされた「iOS 11」が「iOS 10」の普及率を超えたことをお伝えしたが、公開後1ヶ月を迎える本日、シェアが約55%になったことが判明した。

Mixpanelが公開しているiOSのシェアのグラフによると、「iOS 11」は「iOS 10」のシェアを超えた10月10日時点(赤と青のグラフが交わっている部分)からも徐々にシェアを伸ばし、ついに55%に到達。

「iOS 11」にはあまり革新的な変化がなかったからか、「iOS 10」の普及スピードに比べればかなり遅いペースではあるものの、着実にシェアを伸ばしているようだ。

また、リリース当初は不具合の報告などもあったが、不具合を修正した「iOS 11.0.1」「iOS 11.0.2」「iOS 11.0.3」のリリースにより、現時点ではそこまで大きな問題が発生していないというのもユーザーの安心感を後押ししているのかもしれない。

今後、Appleは「iOS 11.1」のリリースを控えており、新しい絵文字や「Apple Pay Cash」などの新機能の導入が検討されている。同バージョンでは先日話題になった「WPA2」の脆弱性にも対応しているとのことなので、次回のアップデート配信時にはよりシェアが高くなることが予想される。

[ via MacRumors ]

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。