任天堂、アメリカのゲーム機販売台数の3分の2を占める ニンテンドースイッチの大ヒットが影響

任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」は日本だけでなく、海外でも高い人気を得ている。日本では3月に発売してからずっと品薄が継続しているが、同ハードの人気は太平洋の反対側アメリカでも同じようだ。

TechCrunchによると、ニンテンドースイッチはアメリカ国内のゲームコンソールの販売台数で3ヶ月連続で首位を獲得。9月に至っては、任天堂はゲームコンソール販売台数で2位以下に大差をつけることに成功しているとのこと。

ニンテンドースイッチは米国内でも好調

ニンテンドースイッチの米国内での販売台数は200万台を突破したとのこと。前ハードの「Wii U」が累積623万台だったことから、いかにニンテンドースイッチが好調かお分かりいただけると思う。ちなみに、今年9月には世界販売台数500万台を超えている。

Nintendo Switchをプレゼントされて大はしゃぎの子どもたち

さらに、任天堂は今月、ミニスーファミこと「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」を発売した。米国では、「Super NES Classic Edition」として販売されているが、こちらも相当な人気だった。

さらに、「ミニニンテンドー64」の噂も先日話題になった。「ミニスーファミ」に続く大ヒット商品になるかどうか注目だが、すでに注目度が高まっていることから、同ハードの大ヒットはすでに約束されているものと考えても良いのではないだろうか。ちなみに、つい先日には「ミニゲームボーイ」の噂も。

今後、任天堂はニンテンドースイッチ向けに複数の大型タイトルを投入予定。一番の目玉は、今月27日に発売予定の「スーパーマリオ オデッセイだが、この他にも「The Elder Scrolls V: Skyrim」などの有名作が任天堂プラットフォームで遊べるようになる。さらに、任天堂は自社から「カービィ」「ヨッシー」シリーズ最新作を発売予定、さらにはサードパーティから「新・女神転生」「ドラゴンクエスト」などの有名作品が登場する予定だ。

ちなみに、筆者はどちらかというとSONYハードで遊ぶことが多いのだが、任天堂の新型ゲーム機に魅力を感じ今回ばかりはミニスーファミニンテンドースイッチのどちらも購入した。最近は任天堂ハードで遊ぶことが多い気もする。

当然ながら、任天堂のプラットフォームを手に取るユーザーが多くなればなるほど、ゲーム開発に参入する会社は多くなる。ゲームコンソール市場の覇権は、今後もしばらくは任天堂のものになるだろう。

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド
任天堂 (2017-03-03)
売り上げランキング: 18
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。