ニンテンドースイッチ、録画機能は最大5分に拡張か 今後のアップデートに期待

昨日、任天堂は「ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)」のシステムバージョン4.0.0の配信を開始。同更新によって、一部ゲームにおいて動画の録画ができるようになった。

今回追加された録画機能は、ニンテンドースイッチのキャプチャーボタンを長押しすることで最大30秒間の動画を録画することができるというもの。同機能をテストしたユーザーからの評判は比較的高いものだったが、さらにこの機能は今後のアップデートで拡張されることになるようだ。

Kotaku UKは複数の関係者から入手した情報として、動画の録画時間は将来的に30秒から5分間に拡大される見通しであると報じている。

あくまで今回導入された”30秒の制限”は試験的なものに近く、今後サードパーティタイトルなど対応タイトルが増えた段階でアンロックされるとみられる。現在、各デベロッパーに同機能が提供されており、サードパーティタイトルへの実装に向けて動いているとのこと。将来的には1分、3分、5分の録画に対応するという。

同機能はニンテンドースイッチのシステムバージョンのアップデートによって提供される見通し。ただ、今回の情報元はKotakuであるとはいえ、信ぴょう性は定かではないため、現状では30秒の制限の中で楽しむことを念頭にプレイしたほうがいいだろう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。