「iOS 11」の電卓アプリに「1+2+3=24」になる不具合 アップデートで修正へ

[ img via Images Money ]

現在、「iOS 11」の純正電卓アプリに不具合があることが判明した。「1+2+3」を入力すると本来であれば「6」であるはずなのに、なぜか「24」になってしまう。

MacRumorsによれば、この不具合は電卓アプリのアニメーションが原因であるとのこと。

ユーザーにタップしたことを認識させるためのアニメーションが邪魔をし、同アニメーションが終了するまで、画面のタップを認識することができず、「1+2」の入力後の「+」の入力をスキップしてしまうため、結果的に「1+23」の計算を行ってしまうとのこと。

この不具合は素早く入力することで起きる問題で、アニメーションの表示が終了してから入力すれば問題なく計算をすることができる。ただ、不具合のある電卓を使い続けるのはかなり危険な上に、「1+2+3」だけなく数字や演算記号を変えても同じ現象が起こるため、不具合が発生しているうちは同アプリを使用するのは控えた方が良さそうだ。

ちなみに、The Loopによるとすでに70人を超えるユーザーがAppleに不具合を報告しており、すでに同アプリの問題を認識しているとのこと。

当然ながら修正に向けて動いているものとみられる(最新のiOS 11.1 betaでは修正されていないため、iOS 11.1の正式リリースでも修正されない可能性あり)が、それまではサードパーティ製アプリを使ったり、Siriに計算をお願いしてみてもいいかもしれない。

▶︎ iPhone Xの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。