「iPhone X」のTrueDepthカメラ、安定供給が可能に 2018年発売のiPhoneにも搭載される可能性

発売がすぐそこまで迫っている「iPhone X」。以前から、生産の難しさから品薄が懸念されていたが、現在は安定的に生産、供給を行うことができているらしい。

9to5Macによると、KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏が公開したレポートに、「iPhone X」の現在の生産状況に関する情報が記載されている。「iPhone X」の製造を難しくしていた赤外線ドットプロジェクタなど、TrueDepthカメラの部品の生産が安定しているとのことだ。

来年発売の新型iPhoneは「iPhone X」のカメラモジュールをそのまま流用か

この赤外線ドットプロジェクタが安定的に供給できていることから、「iPhone X」は当初の予定よりも安定的に生産できているとみられる。昨年と状況は異なるものの、昨年の「iPhone 7」シリーズよりも在庫に余裕があったように感じたのはそのためかもしれない。

ちなみに、Kuo氏によると2018年に発売する新型iPhoneにも、「iPhone X」で採用されたTrueDepthカメラが搭載される予定であるという。各種コンポーネントなどを変更する必要性がないとのことだ。

もしそうなれば、同じモジュールを使用して次期iPhoneを作ることになるため、もし来年の端末に大きな変更点がなければ、今年度々噂されていたような生産問題に直面する心配はないだろう。

来年発売の新型iPhoneがどのような端末になるのかは分からないが、おそらく処理性能が引き上げられるなどのマイナーアップデートモデルになるものと予想される。

▶︎ iPhone Xの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。