「iPhone X」の早期製造倍増計画が進行中 予想を超える需要に対応へ

先日予約受付が開始され、過去に例がないほどの需要があることが判明した「iPhone X」。Appleはこの大きな需要に対し、同端末の生産を倍増することを計画しているようだ。

Macお宝鑑定団Blog(羅針盤)によると、經濟日報は、「iPhone X」の予測を遥かに超える注文に対応するため、Appleはサプライチェーンの幹部を本社に集め、「iPhone X」の製造を早期に倍増する計画を協議しているとのこと。

「iPhone X」の生産を倍増へ

「iPhone X」は10月27日に予約受付が開始され、最終的に「5~6週間」待ちになるまで注文が集まった。昨年の「iPhone 7」シリーズほどではないとは思うが、次世代端末ということもあり、世界的に多くのユーザーが求める端末であることは間違いないようだ。

これを受けて、Appleは「iPhone X」の製造を倍増する。PCBメーカーのChangzhou Huatong Welding Industry、AVIC Shanghai Yaohua Weighing Systemなどは、供給数の拡大と来年の計画に向けて会議を行っているとのこと。

幸いなことに、「iPhone X」の生産は現在安定しており、生産数を引き上げることは可能のようだ。以前から報じられていた赤外線ドットプロジェクタの歩留まりはすでに改善したと報じられている。

現在は「5~6週間」待ちとなっている同端末だが、今後の早期生産倍増計画によって在庫状況も少しずつ改善するとみられる。もし「iPhone X」の購入を検討しているようだったら、早めに注文しておくと、意外と早めに手に入ることもあるのかもしれない。

▶︎ iPhone Xの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。