「iPhone X」のベンチマークスコアが判明 RAM容量は「iPhone 8 Plus」と同じ3GB

本日、11月3日に発売を控えている「iPhone X」の先行レビューが解禁となり、各メディアが実機レビューやスペックのレポートを公開しているが、その中で「iPhone X」のベンチマークスコアやRAM容量が判明している。

Macお宝鑑定団Blog(羅針盤)は、「GeekBench 4」で「iPhone X」のベンチマークを計測。「iPhone X」に搭載されたA11 Bionicプロセッサの動作クロック数は2.40GHz。L1キャッシュサイズが32KB、L2キャッシュサイズは8MBで、RAM容量は事前の情報通り3GBだったという。

ベンチマークスコアは、「iPhone 7」との比較でシングルスコアは約1.2倍、マルチコアは約1.7倍、「MacBook Pro (13-inch, Late 2016, Four Thunderbolt 3 Ports) 」に匹敵するほどの高い性能を持っているとのこと。

さらに「Geekbench 4 Compute」で、GPU性能も計測した結果、「iPhone X」のGPU性能は「iPhone 7」と比べて、約1.15倍ほど速いことが判明。「MacBook (Retina, 12-inch, 2017)」に搭載されたIntel HD Graphics 615に匹敵する性能であるとのことだ。

今回のベンチマークの結果によって、「iPhone  X」の性能は「iPhone 8 Plus」とほとんど変わらないことが判明している。もちろん、「iPhone X」には顔認証機能や有機ELディスプレイの搭載など大きな違いはあるものの、もし性能面だけで端末を選ぶなら、どちらの端末を選んでもさほど違いはないと言えそうだ。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。