【TIPS】「iPhone X」の電源を切る方法 iPhoneXの操作方法解説#1

11月3日発売の「iPhone X」は、ホームボタンが廃止され、ディスプレイが全面に広がるベゼルレスデザインが採用された。

これにより、「iPhone X」は操作方法が従来とかなり異なることが判明しているため、「iPhone X」を購入予定の方は操作方法を事前に確認しておく必要がありそうだ。

当ブログでは、「iPhone X」の使い方をこれから複数回にわたって紹介するが、シリーズ第1回の同記事では、「iPhone X」の基本操作「電源を切る方法」について解説する。

サイドボタンと音量を下げるボタンの同時押しで電源オフ

iPhoneの電源を切るには、従来までは本体上部もしくは左にある電源ボタンを長押しし、上部に表示されるパワーボタンをスライドすることで電源をオフにしていた。

しかし、「iPhone X」ではホームボタンが廃止されたことで、本体左にある「サイドボタン(名称が「電源ボタン」から変更)」の長押しでSiriが起動するようになった。それに伴い、電源を切る操作方法が変更になっている。

「iPhone X」の電源を切るには、「サイドボタン」と「音量を下げるボタン」を同時に長押しすることでパワーボタンが表示され、それをスライドすることで電源がオフにできるようになっている。

これまでと違う操作になり、はじめのうちは間違ってSiriを起動する人が続出してしまうかもしれない。会議室など緊張感のある場面でSiriが起動してしまうと気まずい雰囲気になるので、発売前から操作方法を頭に叩き込んでおくようにしよう。

ちなみに、「iOS 11」からは「設定」アプリの[一般]>[システム終了]をタップすることで、本体の電源をオフにできるようになっている。

アプリをスムーズに切り替えられる「iPhone X」なら、同方法を使ってもそこまで時間がかからないため、こちらを利用するのも手かもしれない。

▶︎ iPhone Xの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。